小牧市 南外山
歯科 歯科口腔外科 小児歯科
矯正歯科 小児矯正歯科

小牧市の歯科 南外山堀井歯科
CONTENTS
 
  トップページ
  歯科医師紹介
  よくある質問
  オフィス紹介
  診療時間・診療予定
  診療内容・歯の知識
  自費診療の料金表
  アクセス
  リンク集
  スタッフ募集
 
 

南外山堀井歯科
〒485-0024
小牧市大字南外山162-3
TEL :
0568-75-7075

小牧市の歯科 南外山堀井歯科 小牧市 歯医者 南外山堀井歯科



歯周病に関する質問


歯と歯の隙間に最近食べ物が詰まるようになってきました。どうしてですか?

それにはいろんな理由があります。お口の中全体的に食片が詰まるようであれ ば、それは歯周病により歯 を支えている骨が溶け歯に隙間が出来る事により起こります。

歯の部分的に食片が詰まるようであれば、小さい金属にて治療すれば改善されます。

△質問一覧に戻る
▲他の質問のカテゴリーに戻る



歯周病とはどんな病気ですか?

歯周病とは、歯を支えている骨がプラークや歯石が長い間付いていることによって吸収されていってしまう病気です。

そのため、歯周病が進行していくと、歯がグラグラしてきたり、さらに進行すると、歯を保存することが難しくなり、抜かざる を得なくなってしまう恐ろしい病気です。

歯周病が進行して歯を失わないためにも、 しっかりご自宅で歯ブラシをし、定期的に歯科医院でお掃除を受けることをお勧めし ます。

△質問一覧に戻る
▲他の質問のカテゴリーに戻る



歯を磨くと出血してきますがどうしたらいいですか?

歯ぐきからの出血の原因はほとんど歯周病からきています。
歯磨きを怠ってはいませんか?歯磨きを毎日しているのに…と言う人はもしかしたら歯石が歯肉の内にたまっているのかもしれません。

いずれにしろ一度歯科に行くことをお勧めします。それぞれに合った治療方針で治療をすれば、出血をなくせます。

△質問一覧に戻る
▲他の質問のカテゴリーに戻る



タバコは歯周病に対して良くないと聞きましたが、本当でしょうか?

 本当です。喫煙者は、非喫煙者より口腔衛生状態が悪く、喫煙量が増えるにしたがって不良となる傾向があります。また喫煙者と非喫煙者を比較すると、同じ歯周病治療を行った場合でも、喫煙者の方は治りが悪いという報告も聞かれます。

△質問一覧に戻る
▲他の質問のカテゴリーに戻る




だいぶ昔に奥から2番目の歯が抜けましたが(歯周病が原因だと思います)、それからは特に痛くないからそのまま放っています。良くないでしょうか?

 良くありません。抜けた歯の両隣の歯が、歯が抜けたところの隙間をふさごうと傾いてきます。その結果咬んだ時にその部分が先に当たってしまい痛みが出ることもあります。また、かなり傾いてきた場合、いざ治療をしようとした時に、治療が大変になることもあります。早急に一度診察を受けることをお勧めします。

△質問一覧に戻る
▲他の質問のカテゴリーに戻る



仕事の都合で歯科医院へ行く暇がありません。
歯周病の治療に効く内服薬はありませんか。

歯周病に使う内服薬は、主に抗生物質、消炎剤などですが、使用するのは歯肉が腫れて激しく痛んだり、発熱など急性症状のある時です。 しかも、この種の薬剤は歯科医師の的確な診断、処方の元に服用するものなので、歯科医師の処方せんなしに一般の人が薬局で入手することはできません。 また、歯がグラグラしたり、歯肉から出血するなどの慢性症状に対しては、有効な内服薬はありません。薬剤以外では、歯周病予防の歯磨き、うがい薬がある程度です。

歯周病は無症状で進行する恐ろしい慢性疾患です。多忙を口実に治療を怠ると大切な歯を失うことになります。 薬ですまそうと思わず、歯科医院に通院して、適切な治療と正しいブラッシング指導を受けることをお勧めします。


△質問一覧に戻る
▲他の質問のカテゴリーに戻る



骨粗鬆症と診断されました。やはり歯も悪くなっていくのでしょうか。

骨粗鬆症は、体の骨がもろくなる病気で、多くは閉経後の女性に多く見られます。 このため、当然、歯を支えているあごの骨にも影響があり、骨粗鬆症の患者さんには歯周病が多く、また重症化しやすいと、一般に言われています。 しかし、歯自体は極めて安定した構造のため、骨粗鬆症で影響を受けることはありません。

歯周病の発病は歯のかみ合わせや、食事、歯磨きと深く関係していますし、さらに喫煙、糖尿病なども影響します。 骨粗鬆症はこれらと同様に歯周病の危険因子ですが、骨粗鬆症の人すべてが歯周病になっているわけではありません。 たとえ、骨粗鬆症と診断されても、ほかの危険因子に気をつけていれば歯周病は防ぐことができます。かかりつけの歯科医によく相談してください。


△質問一覧に戻る
▲他の質問のカテゴリーに戻る



歯周病の治療で歯石を取るのに数回の通院が必要と言われました。
一度では無理ですか。

歯周病は、歯と歯肉の境目の歯周ポケットに歯垢や歯石がたまることにより、そこに含まれる細菌が原因となって歯肉が炎症を起こします。進行すると歯を支えている骨までも溶かしてしまう病気です。 歯周病の治療は、まず原因となる歯垢や歯石を取り除くことから始めます。数本の歯の歯石除去であれば一度で行うこともできますが、前歯から臼歯まで全体に付着していたり、歯の歯肉から下の部分にまで付着しているような場合には、数回に分けて除去する必要があります。

また、歯周病は歯石を取ったら終わりということではありません。除去後の歯周ポケットの洗浄、貼り薬、正しいブラッシングをすることによって初めて治癒につながります。 かかりつけの歯科医とよく相談して、一生自分の歯で物がかめるように頑張ってみてはいかがでしょうか。


△質問一覧に戻る
▲他の質問のカテゴリーに戻る



食後に必ず歯を磨いていたのに、歯周病が進んでいると言われました。
高齢だから仕方ないのですか。

歯周病は歯の周りの歯垢と呼ばれる汚れが原因となって、歯肉や歯を支える組織に炎症を起こし、症状が進むと自然に歯が抜け落ちてしまう病気です。また、歯の周りから膿が出てくるので口臭の原因にもなります。 歯周病は初期の段階では自覚症状が少なく、多少歯肉からの出血がある程度です。進行するにつれて歯肉が腫れたり、歯がぐらつき出します「歯周病が進んでいる」とのことでしたが、歯肉が赤く腫れていたり、歯のぐらつきがあったりしたと思われます。 歯は毎日磨いているとのことですが、磨き残しがあったのではないでしょうか。

また、 糖尿病などの全身疾患も歯周病を進める要因であると言われているので注意が必要です。歯周病は適切な治療と指導で治る病気なので、この機会に検査と治療を受けて下さい。


△質問一覧に戻る
▲他の質問のカテゴリーに戻る




歯周病の治療中ですが、歯にかぶせてある冠のいくつかを、かぶせ直した方が良いと勧められました。虫歯でもないのに、直さなくてはいけませんか。

歯周病は、歯茎(歯肉)と歯を支える骨の病気です。
進行すると、歯を支える骨が溶かされて歯茎が下がってきて、やがて、歯がグラグラ動き出します。さらに進行すると、歯が抜け落ちたり、歯を抜かなければならなくなります。 軽い状態のうちなら、歯石や歯垢を取り除き、適切なブラッシングをすることで治すことも可能です。 しかし、進行した歯周病に対しては、炎症で増殖した歯肉を取り除き、歯茎の深い部分についた歯石を除去したり、歯を支える骨の形を整えるなどといった手術が必要になります。 この場合でも、手術の後に適切なブラッシングを持続して行うことが重要です。

歯周病で歯茎の位置が変わってくると、昔かぶせた冠と歯茎の間に隙間ができ、物が挟まったり、たまりやすくなり、上手に磨けなくなります。こうした場合には、虫歯ではなくても冠をかぶせ直し、清潔な状態が保てるようにする必要があります。歯周病の治療のために、冠をはずして仮歯にすることが必要ですが、型を取るのは歯茎の状態が改善されてからになります。


△質問一覧に戻る
▲他の質問のカテゴリーに戻る



起床時、枕に血がついていることがあります。
口が気持ち悪く、妻から「口がくさい」と指摘されます。

質問から判断して歯周病でしょう。 歯周病は歯を支える歯周組織(歯肉、歯根膜、歯槽骨など)が炎症によって侵される病気です。主な原因は細菌の固まりであるプラーク(歯垢)で、歯石もその原因の一つです。歯の周り、特に歯と歯肉の境目は、構造上、食べ物のかすが溜まりやすく、清掃もしにくい部分のためにプラークが付着します。プラークに住みついた細菌が、まず歯肉に炎症(歯肉炎)を起こします。これを放置すると、炎症は歯周組織に及び、歯肉の腫れ、少量の出血、口臭などの症状が表れますが、まだ、痛みはありません。さらに進行すれば、口臭が強くなる一方、歯が動揺し始めます。遅くともこの時期までに受診してください。

歯磨きによるプラークの除去、甘い物はできるだけ避け、定期的な、また、早めの受診が歯周病の最高の予防法で、治癒の近道と言えます。


△質問一覧に戻る
▲他の質問のカテゴリーに戻る



歯周病で骨がとけてくるとレントゲンではどういう風に写ってくるんですか?

骨のラインがさがって見えたり、境界部がぼやけて写ってきたりします。


△質問一覧に戻る
▲他の質問のカテゴリーに戻る



歯周病にかかっているのですが、歯を抜かなければならないと、他の歯医者さんに言われましたが、歯を抜かずに治療する方法はありますか?

レントゲンを撮影し、歯周検査などを行わないとなんともいえません。


△質問一覧に戻る
▲他の質問のカテゴリーに戻る




上の歯の補綴を行えば歯周病が治るのですか?

関係ありません。歯周病によって支えが弱くなってしまった歯を支えて安定させることはできますが、それと歯周病の治療は別のものです。


△質問一覧に戻る
▲他の質問のカテゴリーに戻る



歯周病は治るのですか?

厳密な意味で治るということはできません。歯周病は慢性疾患です。糖尿病と似たような感覚でよろしいかと思います。進行を食い止め、見かけ上は治ったようになっても、メンテナンスを怠れば再発するので完全に治るとは言えないのです。しかし、初期の歯周病については骨の再生もありますので早期発見が大切です。


△質問一覧に戻る
▲他の質問のカテゴリーに戻る



歯周病で下がった骨は元には戻らないのですか?

一度失われた骨は自然に元に戻ることはありません。そのため、歯周病の方は少しでも進行を止めるために、しっかりとメンテナンスを行う必要があるのです。ただし、初期の歯周病については骨の再生が期待できます。


△質問一覧に戻る
▲他の質問のカテゴリーに戻る



歯周病を引き起こす原因にはどういったものがありますか?

口の中の衛生状態の悪さ、喫煙、生活習慣(飲食習慣)、糖尿病、遺伝的因子などがあげられます。


△質問一覧に戻る
▲他の質問のカテゴリーに戻る



歯周病ってどんな病気?

歯周病といっても大きく分けて2つあります。1つは歯肉炎と呼ばれるものと、もう1つは歯周炎と呼ばれるものです。通常健康な歯茎はピンク色なのですが、歯肉炎のときは歯茎が赤く腫れた状態になります。歯周炎とは歯を支えている組織が歯周病菌によって炎症がおきて歯茎から膿みが出たり、歯がグラグラしたりする状態になります。放っておくと歯を支える骨が溶けて歯が抜けたりします。


△質問一覧に戻る
▲他の質問のカテゴリーに戻る



歯周病は他の病気と関係しているんですか?

歯周病が、糖尿病、心臓血管系の疾患、肺炎、低体重児出産など、全身的な疾患と関係があるのではないかという研究結果があります。


△質問一覧に戻る
▲他の質問のカテゴリーに戻る



歯肉の検査をしましたが、どうだったのですか?

歯周ポケットの正常範囲は、2から3ミリなので、今やった検査では、この範囲のポケットだったので特に問題ありません。


△質問一覧に戻る
▲他の質問のカテゴリーに戻る



上の奥の歯が磨き難いのですが、どのようにして、歯ブラシを入れたら、いいのですか?

上の奥歯は、ほっぺたを歯ブラシを入れると奥の方に歯ブラシが入りますのでやってみてください。


△質問一覧に戻る
▲他の質問のカテゴリーに戻る



下の前歯の裏側の汚れが気になるのですが、どういう感じで、歯ブラシをしたらいいのですか?

そこの場所は、汚れがたまりやすいので歯ブラシを縦にいれて、かきだすようにして歯ブラシをされるといいと思います。


△質問一覧に戻る
▲他の質問のカテゴリーに戻る



歯にひびが入ってると、どうなりますか?

縦にひびが入ってる場合は、最悪抜歯になってしまいます。 今の状態では、そこまで悪くなってないので、このスプリントが保護しているので、大丈夫です。


△質問一覧に戻る
▲他の質問のカテゴリーに戻る



下の歯の前歯の裏側は、歯石がつきやすいのですか?

下の前歯の裏側は、唾液腺があるので、歯石や汚れがつきやすいので歯ブラシをしっかりしてください。


△質問一覧に戻る
▲他の質問のカテゴリーに戻る



歯肉が腫れていて、痛くてよく噛めないのですが?

噛み合わせを落として腫れているところを刺激しないようにして、炎症が治まるのを待ちそれから治療します。


△質問一覧に戻る
▲他の質問のカテゴリーに戻る



歯肉の検査での数値は、歯周病のレベルですか?

いいえ、レベルではなくて、歯と歯肉の溝が何ミリあるかという検査です。


△質問一覧に戻る
▲他の質問のカテゴリーに戻る



小学五年。下前の歯並びが悪く、毎年そこの歯肉炎を指摘されます。
歯並びと歯肉炎の関係は。

歯並びが悪い場合は、確かに歯肉炎を起こしやすいということはあります。逆に、歯並びの悪いすべての人が歯肉炎を起こしているかと言えばそうとは言えません。

歯は正常に並んでいると、かんだ時の食物の流れが自動的にたまりにくくできていますが、不正な場合は、停滞する場所が多くなることで歯肉炎が発生します。 従って、その停滞物を除去すれば、歯肉炎の発生は防げます。しかし、歯並びが悪いために歯ブラシがまったく当たらない所ができたり、痛みがあるため歯を磨くことを嫌がったりします。

歯並びを治すことはもちろん大事ですが、その前にかかりつけの歯医者で、しっかりとした歯ブラシの使い方を教えてもらうことがまず第一と考えます。 歯並びが悪いなら、悪いなりの磨き方があります。それでも効果がない場合に、歯列矯正を考えられたらいかがでしょうか。


△質問一覧に戻る
▲他の質問のカテゴリーに戻る



歯磨きですぐ出血します。怖くて磨かずにいますが、なかなか治りません。
何か良い方法は?

ブラッシング(歯磨き)した時に、歯肉から出血するのは、その部位に炎症があるからです。舌で触れたり、見ても分からない時でも、腫れたりしているのです。 炎症があるということは、プラーク(歯垢=細菌の塊)が、歯と歯肉の境目に沈着していることを意味します。 従って、このプラークを除去することが、炎症を軽減させる唯一の方法です。

一般に、出血があると怖くなってブラッシングを避けてしまうことがあります。でもそうすると、プラークはますます増加して、炎症の度合いも悪化し、より強く出血するようになります。 そこで、細菌を除去することに観点を絞り、最初は柔らかめのブラシを用いるなど工夫をしながら、かかりつけの歯科医、歯科衛生士と相談されることをお勧めします。


△質問一覧に戻る
▲他の質問のカテゴリーに戻る



歯石ってなんですか?

歯石とは口の中の細菌の塊である歯垢が、唾液の中のカルシウムと混ざ り合い、石灰化して石のように固まったものです。歯石には2種類あり、1つは 歯の見える所につく歯石で、下の前歯の裏側などに付きやすく白っぽい色をしています。もう1つは歯と歯ぐきの隙間に隠れてふつう見えないもので、黒っぽい色をしています。


△質問一覧に戻る
▲他の質問のカテゴリーに戻る



歯石はどうしてできるのですか?

歯と歯の間など、磨き残しがおきやすい場所にプラークが沈着し、停滞することで、唾液の成分と混ざり合いできてきます。


△質問一覧に戻る
▲他の質問のカテゴリーに戻る



歯石はどのくらいの期間でできるんですか?

歯並びや、磨き残しの状態にもよりますが、できやすい方では2,3日ででき始めるとも言われています。


△質問一覧に戻る
▲他の質問のカテゴリーに戻る



歯石を作りやすい食べ物ってありますか?

歯にくっつきやすいようなやわらかい食べ物は歯石ができやすいと思われます。

逆に、硬いものや繊維質のものをとるように心がければできにくいかと思われます。


△質問一覧に戻る
▲他の質問のカテゴリーに戻る



歯石は歯磨きではとれないのですか?

硬くなってしまっていますので、歯ブラシではとれません。


△質問一覧に戻る
▲他の質問のカテゴリーに戻る



(歯ぐき)検査の2とか3という数字はどんな意味があるのですか?

歯周検査では、歯ぐきと歯の間の隙間の深さを測定することによって、歯周病 の進行状態を検査しています。正常な状態の深さは1mmや2mmであり、歯周病 や歯肉炎により歯ぐきが腫れていたり、骨が吸収しているような場所ではポケッ トは深くなっています。


△質問一覧に戻る
▲他の質問のカテゴリーに戻る



SRPはする意味あるのか?

SRPとは、ポケット内の歯垢、歯石を除去し、また歯根面を滑らかな状態にす る事によって、細菌がポケット内に停滞しにくい環境を作り歯周病の進行をとめ る為におこないます。縁化歯石はスケーリングでは除去する事ができませんの で、そういった意味で行う意味があります。


△質問一覧に戻る
▲他の質問のカテゴリーに戻る




歯石は歯磨きをしっかりすれば取れるのでしょうか?

歯石はブラッシングでは取れないと考えてください。歯垢(プラーク)は正しいブラッシングによって除去できますが歯石は、歯科医院にて取ってもらわなければ取れません。特に縁下歯石と呼ばれる、深いところの歯周病の原因にもっとも関連のある歯石は、除去できません。ハンドスケーラーと呼ばれる、手動の器具で、取ります。

△質問一覧に戻る
▲他の質問のカテゴリーに戻る



歯石を取るのは痛いですか?

 歯茎より上にある歯石は超音波を使った機械で麻酔なしでもほとんど痛くなく取れます。歯茎に炎症があるときは痛みを伴うこともあります。また超音波による響くような痛みも人によってはあるかと思います。歯周病が中等度になり歯茎の中にも歯石が沈着している場合強固に付着しているものも多く、取るとき痛む度合いも増します。そのときは塗り麻酔や注射による麻酔を使うこともあります。

△質問一覧に戻る
▲他の質問のカテゴリーに戻る



歯石は全部の歯についているのものなんですか?

歯並びや部位、歯磨きの状況によって違ってきます。全ての歯についていると は限りません。


△質問一覧に戻る
▲他の質問のカテゴリーに戻る



縁下歯石は歯ぐきの中にあって見えないのに、どうやってあるかしらべて るんですか?

レントゲンで位置を把握したり、プローべと言われる専用の道具を使って、 ポケットの中の状態を、触診してしらべます。


△質問一覧に戻る
▲他の質問のカテゴリーに戻る



普段はしみないのに、スケーリングをされたらしみるところがあったけど 大丈夫か?

超音波で振動させているため、歯ブラシなどと比較すると刺激が強いです。 その為多少しみる場合もありますが、日常生活でしみたりしていなければ問題な いと思います。


△質問一覧に戻る
▲他の質問のカテゴリーに戻る



ペリオフィールを塗ったら、どのくらいの時間うがいや飲食をしたらいけないのですか?

だいたい20分から30分は避けて下さい。


△質問一覧に戻る
▲他の質問のカテゴリーに戻る



SRPは、何をするのですか? 歯肉を切ったりするのですか?

いいえ、歯肉を切るのではなくて、歯肉の中に器具をいれて行うもので、歯根の部分に隠れている歯垢(プラーク)、歯石を取り除いていき、歯周ポケットの深くまで清潔にすることができる処置です。


△質問一覧に戻る
▲他の質問のカテゴリーに戻る



タバコは、歯周病にとってどんな影響がありますか?

ニコチンは血液の循環や免疫機能が障害され、歯周病の原因となる細菌に対する歯肉の抵抗力を低下させ、進行させてしまいます。


△質問一覧に戻る
▲他の質問のカテゴリーに戻る



歯石をとってもらうのは、痛いですか?

痛みを与えないようにこころがけていますが痛みは個人差があり、感覚的に多少歯に響くような感じだと考えてください。


△質問一覧に戻る
▲他の質問のカテゴリーに戻る



体調が悪い時に、歯肉が腫れたり、痛んだりするのを、放つておくとどういう風になってしまいますか?

体調が悪い時や疲れがたまっている時は、普段おさえられていた症状が、でてきてしまい放置していると歯周病が、どんどんと進行していってしまいます。


△質問一覧に戻る
▲他の質問のカテゴリーに戻る