小牧市 南外山
歯科 歯科口腔外科 小児歯科
矯正歯科 小児矯正歯科

小牧市の歯科 南外山堀井歯科
CONTENTS
 
  トップページ
  歯科医師紹介
  よくある質問
  オフィス紹介
  診療時間・診療予定
  診療内容・歯の知識
  自費診療の料金表
  アクセス
  リンク集
  スタッフ募集
 
 

南外山堀井歯科
〒485-0024
小牧市大字南外山162-3
TEL :
0568-75-7075

小牧市の歯科 南外山堀井歯科 小牧市 歯医者 南外山堀井歯科



口臭に関する質問


口臭が気になるのですが?

人と人とのつながりが少なくなってきているといわれる今日ですが、対人関係 のお仕事をされている方で自分の口臭を気にされている方も少なくないと思います。

口臭は、本人が気づかず、他人から指摘される場合や、反対に神経症的なものがあります。
口臭の原因としては、口の中に原因のあるもの(虫歯や歯周病など)と、口の 外に原因のあるもの(呼吸器疾患や消化器疾患など)に分けられますが、口の中に原因があるものがほとんどです。

口の中に原因がある場合は、原因を除去し、お口の中 をしっかり清掃し、定期的に管理をするのが最も重要なことです。
口臭を気にされて いる方、ぜひ一度ご相談ください。

△質問一覧に戻る
▲他の質問のカテゴリーに戻る



口臭が気になるのですがどうしたらいいですか?

口臭の原因にはいくつかあります。
一般的に知られているニンニクやアルコールを飲んだ後に臭う口臭は胃からくるものです。

その他に、口からくる口臭は歯周病や磨き残しなどの原因がほとんどです。
胃からくる臭いは一日おいたり食事をしたりすることでたいていは消えますが、口からの場合は歯磨きをしただけでは消えない場合 もあります。
特にむし歯などで歯を治療して金属をかぶせている歯が多い人は自分の天然の歯と比べると汚れが落ちにくいので、歯ブラシだけでは届かない汚れを補助的な器具(歯間ブラシ・フロス)で補うといいと思います。
また舌からの原因もあるので傷つけない程度に洗ってみるのもいいかもしれません。

いずれにしろ個々にあったブラッシング指導を歯科で受けてみるといいと思います。

△質問一覧に戻る
▲他の質問のカテゴリーに戻る



口臭で悩んでいます。
歯磨きはよくしますが、知人から舌も磨いたほうがよいと言われました。

口臭はだれにでも多少はあります。しかし、食後、歯を磨かずにいると歯垢や食べかすが歯や歯茎に残って、それが体温や唾液によって腐って、あの嫌な口臭の原因になります。口臭は朝起きた時や食後2、3時間後に起きますが、これらはうがい程度で消えます。

意外と見落とされやすいのが舌苔です。舌苔は舌表面に細菌が増殖し、食べかすなどが分解されて海苔がついたようになったものを言います。熱性疾患、免疫力が低下している時や、空腹時などに細菌が増殖しやすいといわれています。喫煙者はニコチンが舌について口臭を発生させます。 舌苔は寝ている間に発生するので、朝歯を磨く時に歯ブラシで舌の表面を軽く磨いて取っておくのがよいでしょう。 最近は舌苔取りシールや口臭予防グッズが市販されているので、それらを利用するのもよいと思います。


△質問一覧に戻る
▲他の質問のカテゴリーに戻る



初めて義歯を入れました。しばらくして口臭を指摘されました。
義歯に問題があるのでしょうか?

義歯の清掃も、自前の歯の場合と同様丁寧に行いましょう。たとえば食後。自前の歯と同じく、義歯を取り出して、よく水洗して、きれいにして下さい。 専用のブラシを使うと簡単にきれいになります。 食後の取り外し清掃を怠り、義歯を装着した状態で清掃、そのままにしておくと、きれいにしたようでも、粘膜との隙間や維持装置の周囲に汚れがたまり、口臭の原因になります。

義歯の材質は合成樹脂であることが多く、若干の吸水性があり、水分に溶け込んだ食物や口の臭いがしみこんでしまう欠点もあります。水洗いだけでなく、洗浄剤を使用しての化学的な洗浄をお勧めします。 また、通常であれば、唾液による自浄効果も期待できますが、粘膜部分を覆ってしまう義歯の場合は、口の中が乾きやすくなる傾向があるので、水分の摂取を十分に行い、口腔内をきれいにすることを心がけてください。


△質問一覧に戻る
▲他の質問のカテゴリーに戻る




まめに義歯の洗浄はするのですが、孫から口が臭いと言われて困っています。

大別すると二つ考えられます。一つは義歯自体が臭いことと、もう一つは口自体が臭いことです。義歯はレジンという合成樹脂で作られています。このレジンは、多少吸水性があるので、だ液や食物の成分が吸着します。そこに細菌が繁殖すると、においを出します。従って、古い義歯ほどにおうことになります。 においを防ぐには、普通に洗浄するだけではなく、除菌効果のある義歯洗浄剤を使うのも有効な方法です。

次に口臭ですが、年をとると、だ液の分泌が少なくなり、それだけで口臭の原因になります。また、舌苔といって舌の表面にあかのようなものが付いたり、義歯と接している粘膜がカンジタ菌などで炎症を起こしていると、口が臭いと言われることになります。 一度かかりつけの歯科医に相談されることをお勧めします。


△質問一覧に戻る
▲他の質問のカテゴリーに戻る



朝起きたときの口臭が気になります。

通常、口臭は起床時が一番強いです。口臭の原因には、口の中、もしくは胃などの消化器の問題2つの可能性が考えられますがしっかり歯磨きをすれば改善され場合がほとんどです。それでも気になるようでしたらご相談して下さい。


△質問一覧に戻る
▲他の質問のカテゴリーに戻る



毎日、歯を磨いているのに、口臭が気になります。

お口の中に付着している歯垢のみならず、舌苔を歯ブラシなどで丁寧に取り除くことや、歯周病の治療をすることが、口臭を防くことになります。


△質問一覧に戻る
▲他の質問のカテゴリーに戻る



口臭が気になるのですが・・・

自分の口臭を悩む前に知っておきたいのは、人は誰でも呼吸をすれば、多少の匂いのする空気を吐き出すのが、当たり前だということです。

どんな生物でも、体内に吸い込んだ空気を、澄み切った状態で吐き出すことなど出来ません。外の空気を取り込み、体内の不要なものを吐き出すのが普通なのです。

また実際はさほど口臭がしないのに、自分の口臭が他人に不快感を与えてしまうと感じることを「自臭症」と呼びます。女性が男性の10倍多いといわれています。自分で「口臭が気になる」のと、実際に「口臭がする」のは、大きな違いがあります。

口臭の原因は、大きく分けて3つに分かれると考えられます。

・食べ物や飲み物などが原因の場合
皆さんもよく体験することが多いアルコールやにんにくなどは、消化吸収された後でも血液中に溶け出すために、肺から空気に溶け込んで口臭の原因となります。

・口の中に原因がある場合
口の中には数多くの細菌が存在するため、この細菌の働きによって臭いの成分が発生します。虫歯や歯茎の炎症があり出血や膿などが出ている場合も口臭の原因となります。

・全身状態に原因がある場合
糖尿病や肝臓などの疾患や、空気が入り込む鼻や肺、胃などの疾患の影響でも口臭の原因となることがあります。

実は口臭の強弱に密接に関係しているものがあります。それが「唾液」です。唾液が多いと口臭を抑える効果が高まります。日常生活で緊張して口の中が乾いたりする場面では口臭が強くなります。また寝ている間も唾液の分泌が減少するため、朝起きたとき口臭を感じやすくなります。


△質問一覧に戻る
▲他の質問のカテゴリーに戻る



口臭予防を教えてください。

・歯を磨く
単純ですが歯を磨くことで、短時間に口の中の汚れをや細菌を減少させることができます。さらに他の方法と合わせることでさらに口臭を抑制する効果が高まります。歯磨き後のリンスなども効果的です。

・ガムなどを利用する
ガムを噛むと自然に唾液の分泌が促されるため、口臭予防に即効性が期待できます。最近ではキシリトール配合で、虫歯予防効果も期待でき気軽に購入できます。

・水分を補給する
口の中が乾いた状態では、口臭が強くなりやすいので、お茶や水などの水分補給をまめに行い、口の中が唾液などの潤いのある状態を、意識的に作ることで口臭を抑制します。

口臭を意識する場面では、緊張で口の中が乾いてしまうこともしばしば……。早めの水分補給や、ガムなどを利用して唾液を味方に潤いを取り戻しておきましょう。


△質問一覧に戻る
▲他の質問のカテゴリーに戻る