小牧市 南外山
歯科 歯科口腔外科 小児歯科
矯正歯科 小児矯正歯科

小牧市の歯科 南外山堀井歯科
CONTENTS
 
  トップページ
  歯科医師紹介
  よくある質問
  オフィス紹介
  診療時間・診療予定
  診療内容・歯の知識
  自費診療の料金表
  アクセス
  リンク集
  単独型臨床研修施設
  スタッフ募集
 
 

南外山堀井歯科
〒485-0024
小牧市大字南外山162-3
TEL :
0568-75-7075

小牧市の歯科 南外山堀井歯科 小牧市 歯医者 南外山堀井歯科
小牧市の歯科 南外山堀井歯科 TOP > 診療内容 > ママと赤ちゃんの健康な歯をつくる





ママと赤ちゃんの健康な歯をつくる

診療内容TOPページへ戻る

一人赤ちゃんを産むと歯を1本うしなうってホント?
小児歯科よく言われるのは"赤ちゃんにカルシウムを取られるから"。しかし、これは本当の原因ではありません。実は、妊娠中は身体的な変化や生活の変化によって、歯を失う2大原因の「むし歯」や「歯周病」になりやすく、これによって歯を失うことがあるのです。

妊婦さんが「むし歯」や「歯周病」にかかりやすい理由として次の3つがあげられます。

1. 女性ホルモンの変化
妊娠すると女性ホルモンが大量に増えます。すると歯周病菌を活性化し、歯ぐきの毛細血管が拡張するので、歯ぐきが腫れたり炎症を起こしやすくなったりします。これを「妊娠性歯肉炎」と言います。また、だ液の分泌量が減少し、酸を中和する力が弱くなります。お口の中は酸性に傾き、むし歯の発生を抑制する機能が低下します。

2. 悪阻(つわり)
つわりがひどいと、どうしても歯みがきが不十分になりがちです。また食生活でも、酸性の強い食べ物や清涼飲料水、甘い菓子を食べたくなるというように好みが変化します。不十分な歯みがきや食べ物の好みの変化によってお口の中が酸性に傾き、むし歯ができやすくなります。

3. 不十分な口腔ケア
少量ずつ回数を多く食事ととったり、頻繁に間食したりするようになります。すると、朝晩の歯みがきだけでは十分でなくなります。

3つの理由に共通する「お口の中の酸性」を防ぐには、食事や間食後に必ず歯みがきやブクブクうがいをしましょう。


歯周病が悪化すると早産の危険性が、たかくなる!
最近日本で行われた調査によると、歯周病がひどい場合、早産の危険性が約5倍になることが明らかになりました。しかし、歯周病の初期段階にきちんとしたケアをすれば、健康な歯ぐきの状態に戻すこともできますから、歯科検診を受け、歯科医の指導に従いしっかりとケアしてください。


妊娠5〜7月の安定期に歯科健診を受けましょう!
妊婦さんが歯科健診を受けるのに最も適しているのは、妊娠5〜7ヶ月(20週〜28週)の安定期です。

歯科健診を受けるときは
・母子手帳を提示してください
・産婦人科の主治医から特に注意されていることがあれば、必ず歯科医に伝えてください
・つわりなどで体調の悪いときは受診を避けましょう
・楽な体勢で健診を受けましょう
・時間がかかる場合、なるべくたくさん休憩を取ってもらうようにしてください


歯科健診では、歯の状態を調べるためにレントゲン撮影を行うことがあります。「レントゲン写真を撮っても大丈夫?」と心配されるのは当然ですが、妊娠15週以降になると、赤ちゃんがレントゲンの影響を受けることはほとんどありません。さらに、鉛のエプロンをつけるので心配ありませんが、かかりつけの先生とよくご相談ください。また「薬を飲んでも大丈夫?」と心配されると思いますが、薬についても産婦人科の主治医と、かかりつけ歯科医によく相談してください。


赤ちゃんの歯は、もうできている!
7週目頃から意識してしっかり栄養を!

赤ちゃんの歯は、妊娠7週目になると、歯の「芽」ができてきます。そして、4ヶ月頃になると、歯にカルシウム分が沈着し、少しずつ硬い歯になっていきます。
歯はいったんできあがると、後でいくら栄養分をとっても、その栄養をとりいれてくれません。ですから、7週目頃から意識してしっかりと栄養をとるようにします。丈夫な歯を赤ちゃんにプレゼントするため、カルシウムやビタミン、良質たんぱく質などをバランスよくとりましょう。
十分に栄養を吸収した良い歯質の歯を持つ赤ちゃんは、生まれながらにむし歯になりにくい歯質になります。むし歯になる4つ要素の1つ「歯質」の問題を解決してください。


むし歯の多い両親のお子さんは、むし歯になりやすい
小児歯科むし歯は、むし歯菌の感染によって起こります。生まれたばかりの赤ちゃんのお口にむし歯菌は存在しません。赤ちゃんのむし歯は、乳歯の生える1歳半から2歳半を中心に、お母さんや家族の口からのむし歯菌でうつる可能性がきわめて高いのです。乳幼児のむし歯予防では、次の点に注意します。



妊娠期の予防

大切なのは、妊娠しているときに積極的に歯科健診を受け、出産前にむし歯を治療しておくことです。また、歯科医院での徹底したクリーニング(PMTCなど)を受けることや、キシリトールやフッ素入り歯磨きでていねいにブラッシングすることで、むし歯菌を減らしておきます。

出産後のむし歯菌感染阻止
赤ちゃんには、お母さんや家族が口移しで食べ物を与えないようにします。また、歯ブラシや歯みがき剤、スプーンなどによって、だ液を介してうつる危険があるので注意します。

むし歯菌の定着阻止
お母さんをはじめ家族の方は、ていねいにブラッシングをおこない、お子さんのお口の中や自分のお口の中に、むし歯菌を定着させないようにしてください。


授乳するとき、こんなことに注意!
○母乳やミルクを与えるとき
母乳はむし歯の原因になりにくいと言われていますが、授乳後にガーゼなどでふき、赤ちゃんの歯をきれいにしておきます。

○注意したい哺乳ビンむし歯
哺乳ビンを長時間使っていると、上の前歯にむし歯ができやすい傾向があります。

○哺乳ビンにジュースやスポーツドリンクを入れない!!

ジュースやスポーツドリンクを入れた哺乳ビンを口に入れ、長時間それらの飲み物が歯についていると、前歯がすべてとけてしまうほどひどいむし歯になることがあります。一般のスポーツドリンクには、炭酸飲料と同じくらいの砂糖が含まれています。糖分をひかえることや長時間哺乳ビンを使わないことでむし歯のできる4つの要素(糖分・時間・むし歯、強い歯質)のうち「糖分」・「時間」の問題を解決しましょう。


かかさず歯みがき!
小児歯科歯が生えたら歯みがきは欠かせません。

歯みがきを行うポイントは
・食べたらすぐ磨き「糖分」を残さない
・明るいところで、膝の上に仰向けに寝転ばせ、仕上げ磨きをする
・むし歯は眠っている間につくられるので、寝る前の仕上げ磨きを習慣に

むし歯が多くできるところは
・歯と歯の間
・歯と歯ぐきの境目
・奥歯のかみ合わせの溝
・歯並びが凸凹しているところ

これらに注意してよく仕上げ磨きをしてください。
「むし歯菌」を取り除き、「時間」がたっても、むし歯になりにくい状態にします

*仕上げ磨きを嫌がるお子さんには!!
仕上げ磨きを嫌がるお子さんはたくさんいます。その原因の多くは、上唇が敏感で触られることそのものを嫌がっているからです。手や指でふれることで、外からの刺激に慣れさせる「脱感作(だつかんさ)」という方法でふれられることに慣らすようにしましょう。脱感作の詳しい方法については、かかりつけの歯科医に相談してみてください。


間食を減らし、むし歯になりにくい食生活を!
小児歯科むし歯にならないためにも、味覚の発達のためにも、甘いものは、なるべくひかえるようにします。間食で甘いものを食べる回数が増えれば増えるほど「糖分」が歯に残り、時間の経過とともにむし歯になりやすくなります。
食事とおやつ以外に糖分をとらない、規則正しい食生活をこころがけるようにします。大事な赤ちゃんや幼児の歯の健康は、家族みんなで守ってください。


歯質を強くするフッ素!
歯みがきは最も重要ですが、それだけで完全にむし歯を防ぐのは難しいのが実情です。そこで、フッ素を利用して「歯質」を強くします。

フッ素を利用する方法には
・フッ素の歯面への塗布
・フッ素配合の歯みがき剤の使用
・フッ素洗口法(下向きブクブクうがいが無理な幼児には推奨できません。かかりつけの先生と相談してください。)
などがあります。


気をつけよう!おしゃぶり・指しゃぶり

出っ歯や前歯がかみ合わない右下の写真のような開咬(かいこう)の大きな原因になるのが、おしゃぶりや指しゃぶりです。おしゃぶり、指しゃぶりが開咬と関係するのは、お子さんが2歳半を過ぎた頃からになります。
過度なおしゃぶりや指しゃぶりは、精神安定や鼻呼吸の促進に大きな役割を果たしています。ただし、2歳半を過ぎてもおしゃぶりをなかなか離さなかったり、指しゃぶりがひどかったりすると、開咬の原因になりますので、家族の方が精神的に十分なケアをしてください。

ママと赤ちゃんの健康な歯をつくるために、がんばりましょう!
お子さまの丈夫で健康な歯は、ママの愛情がつくる"宝物"なのです。




※素材提供:株式会社メディカルランド