小牧市 南外山
歯科 歯科口腔外科 小児歯科
矯正歯科 小児矯正歯科

小牧市の歯科 南外山堀井歯科
CONTENTS
 
  トップページ
  歯科医師紹介
  よくある質問
  オフィス紹介
  診療時間・診療予定
  診療内容・歯の知識
  自費診療の料金表
  アクセス
  リンク集
  単独型臨床研修施設
  スタッフ募集
 
 

南外山堀井歯科
〒485-0024
小牧市大字南外山162-3
TEL :
0568-75-7075

小牧市の歯科 南外山堀井歯科 小牧市 歯医者 南外山堀井歯科







診療内容TOPページへ戻る


口は食べ物が1番最初に出会う消化器なのです。
口の中に異常があった場合、 どのような影響があるのでしょうか。


1. むし歯や歯周病があったりかみ合わせが悪いと、食べ物を十分にかむことができなくなります。すると胃や腸に負担をかけ、胃腸を悪くします。
こうなるとついつい食べるものも偏っていき、栄養状態も悪くなります。
2. 歯のかみ合わせが悪いと、肩こり、頭痛、腰痛、手足のしびれなどを引き起こす原因になります。
3. 歯周病などで膿がでたりすると、そこからばい菌や感染物質が侵入して血液と一緒に体中に運ばれ、様々な器官を侵します。





診療内容TOPページへ戻る


子供のむし歯と健康
1. 発育への影響があります。むし歯が痛むと食欲がおちます。
特に育ち盛りの時期 に、むし歯の多い子供と少ない子供では発育の差が顕著に出てきます。
2. むし歯が原因の微熱が続いたり、リンパ腺(節)が腫れて体のあちこちに炎症を起こすことがあります。
3. むし歯がひどかったり、歯並びが悪いと、正しい発音で話すことが困難になり、人前に出ても引け目を感じ、内向的な性格になることがあります。

4.

乳歯にむし歯があると永久歯との生え替わりがうまくいかず、歯並びが悪くなることがあります。
歯並びが悪くなるとかみ合わせが悪くなり、あごの発達や顔の輪郭形成 に悪影響を及ぼします。



歯並びの影響
歯並びが悪いと、見た目が悪いだけでなく様々な病気の原因となります。

歯列異常
乳歯から永久歯に生え替わるとき、乳歯にむし歯があると、そこに生えてくる永久歯 の位置がずれることがあります。また、いったん生え替わった歯は一生その位置には とどまらず、その人のかみ方やくせによって移動します。さらに歯が抜けたり欠けた りした場合、隣の歯は抜けた歯の方向へどんどん傾きます。このように歯並びが悪い とさらに歯並びを悪くしていきます。

1.乱杭歯・・・歯がバラバラに並ぶ
2.すき歯・・・歯と歯の間にすき間がある
3.欠損歯・・・生まれつきまたは後天的に一部分だけ歯がない

4.過剰歯・・・歯がきちんと生えてこないで、歯肉の中に埋もれている




不正咬合
歯並びが悪いとかみ合わせの不都合が生じます。これを不正咬合といいます。
不正咬 合は歯やあごに余計な負担をかけ、顎関節症を引き起こします。
顎関節症には、

1. あご周辺の筋肉痛
2. あご関節の痛み、不快感
3. 口を開けるときにコキッと音がして、耳あたりまで痛くなる

4. あごが痛くて口を開けない

など様々な症状があり、あご以外にも首や手足にまで痛みをともなうことがあります。



むし歯や歯周病になりやすい
歯並びが悪いと必ずむし歯ができるというわけではありませんが、きれいな歯並びの 人よりもむし歯になりやすいのは確かです。歯並びが悪いと、歯と歯の重なっている ところに歯垢がたまりやすくなります。そういう場所は歯ブラシも届きづらく、みが き残しが出やすくなるためです。これはむし歯だけでなく歯周病の原因にもなります。

歯並びが悪いのは美容上の問題だけでなく、口腔衛生と重大な関係を持ってい ます。