小牧市 南外山
歯科 歯科口腔外科 小児歯科
矯正歯科 小児矯正歯科

小牧市の歯科 南外山堀井歯科
CONTENTS
 
  トップページ
  歯科医師紹介
  よくある質問
  オフィス紹介
  診療時間・診療予定
  診療内容・歯の知識
  自費診療の料金表
  アクセス
  リンク集
  単独型臨床研修施設
  スタッフ募集
 
 

南外山堀井歯科
〒485-0024
小牧市大字南外山162-3
TEL :
0568-75-7075

小牧市の歯科 南外山堀井歯科 小牧市 歯医者 南外山堀井歯科







診療内容TOPページへ戻る

開業医で使われる麻酔は局所麻酔といわれるもので、通常、塩酸リドカインと呼ばれるものを使います。また、麻酔が効いている時間を保ったり、抜歯などのときに出血を抑える目的で、エピネフリンが含有されています。

このため、2時間くらいしびれた状態になったり、麻酔が切れてから抜歯した部位からの出血がある場合がありますが、心配は要りません。また、口腔外科の手術などで伝達麻酔といわれる広範囲にしびれる麻酔を使用することもありますが、この場合、麻酔が効いている時間がかなり長くなることがあります。

注意していただきたいのは、こどもさんで神経を取る治療などで、麻酔を使用した場合、下唇などを噛んでしまう場合があります。「咬傷」と呼んでおりますが、治療後の食事に際などは十分注意していただきたいです。できれば、麻酔が切れてから食事されるようにしてください。

麻酔による中毒が起きないように配慮されてはいますが、10000人に1人くらいの割合で、麻酔に対するアレルギーがある方がみえます。今までに、アレルギー症状があった方は、必ずお申し出ください。