小牧市 南外山
歯科 歯科口腔外科 小児歯科
矯正歯科 小児矯正歯科
厚生労働省認定 単独型歯科医師臨床指導医

小牧市の歯科 南外山堀井歯科
CONTENTS
 
  トップページ
  歯科医師紹介
  よくある質問
  オフィス紹介
  診療時間・診療予定
  診療内容・歯の知識
  自費診療の料金表
  アクセス
  リンク集
  単独型臨床研修施設
  スタッフ募集
 
 

南外山堀井歯科
〒485-0024
小牧市大字南外山162-3
TEL :
0568-75-7075

小牧市の歯科 南外山堀井歯科 小牧市 歯医者 南外山堀井歯科
小牧市の歯科 南外山堀井歯科 TOP > 診療内容 > 小児矯正歯科(こどもの矯正治療)



小児 矯正歯科
お子様の噛み合わせや歯ならびについて(小児の矯正歯科)心配していませんか?同年代のお子さんやお友達と比べて、気にしていませんか?「いい噛み合わせ」、「きれいな歯ならび」ってどんなことでしょう。また、歯ならびが悪いとどんな障害がでてくるのか、どんなことをしてあげたら良いのか一緒に考えていきましょう。

歯ならびが悪いと下記のような症状がでてきます。
  1. むし歯や歯槽膿漏になりやすくなります。
  2. 良くかめなくなります。(そのため、胃腸障害が起こりやすくなります)
  3. あごの成長、顔かたちにも影響します。
  4. 口もとが気になってきます。(コンプレックス)
  5. 発音しにくくなります。

小児歯科矯正のはなし

いい歯ならびってどんなこと?
目ざすは健やかな子ども

はじめに


お子さんの噛み合わせや歯ならび、心配していませんか?お友達と比べて、気にしていませんか? 「いい噛み合わせ」「きれいな歯ならび」って、どんなことでしょう。
お母さんやお父さんは、きれいな歯ならびがいい歯ならびだと考えてはいないですか。たとえば、前歯が一本引っ込んでいて、噛み合わせが逆になっているお子さんがいます。
「この歯ならび、治療しなくてはいけませんか?」
という質問をよく聞きます。治療を進めた方が良い場合もあるでしょう。一方、むし歯をつくらないように気をつけていれば、問題のないこともあります。
このように歯ならびや噛み合わせは、お子さんひとりひとり違うものです。治療することも「ここ良く磨いていれば、かわいいよ!」というひと言も大切です。特に、成長期のお子さんの場合には、成長するに従って、歯ならびが変化することも少なくありません。 ひとりで心配しないで、かかりつけの先生によく相談してみましょう!きっと、お子さんの歯ならびや噛み合わせには、どんなことをしてあげたら良いのか一緒に考えてもらえるはずです。

歯ならびや噛み合わせは、どんなことに関係するの?



目ざすは健やかな子ども!
歯ならびや噛み合わせと関係することをあげてみると、
1.蝕や歯肉炎のなりやすさと関係します。
2.咀嚼(食べる機能)と関係します。
  集中力や胃腸障害なども関係します。
3.発音(話す機能)と関係します。
  コミュニケーションにも関係します。
4.あごの骨や顔の成長と関係します。
5.子どものこころに影響することもあります。

気になる歯ならびや咬み合わせ (乳歯の時期の問題)



1.開咬
上下の前歯に、隙間がある噛み合わせです。 指しゃぶりや口で呼吸したりすることが関係しています。 指しゃぶりのような癖をやめられるように応援してあげたり、耳鼻科での治療で、鼻から呼吸できるようにしてあげたりすることで、多くは次第に変化がみられます。
矯正歯科 開咬
2.反対咬合
前歯が前後逆に咬んでいる歯ならびです。 歯だけがずれている場合と、あごの骨がずれている場合とがあります。顔が似るというような遺伝的な要素もありますが、必ず遺伝するということではありません。 ずれの程度などから、永久歯が生えてくるまで様子をみていた方が良いか、乳歯の時期から、装置を使った治療を進める方が良いか判断することが大切です。歯が生えたばかりで、奥歯が生え揃っていない頃(1〜2歳)にみられる場合は、乳歯が生え揃うとしっかり噛めるようになることがほとんどです。
矯正歯科 反対咬合
3.臼歯部反対咬合
臼歯(奥歯)の噛み合わせが、上下逆の噛み合わせです。
臼歯は通常、上顎の臼歯が下顎の臼歯より外側に並んでいます。この噛み合わせは、あごの成長などに影響を及ぼすことが少なくありません。必要であれば、乳歯の時期(4歳ぐらい)に装置を使って治療することで、良い結果が得られます。
矯正歯科 臼歯部反対咬合
4.上顎前突
前歯を横から見たとき、上下の前歯に前後的な隙間がみられる噛み合わせです。 指しゃぶりや爪噛みなどの癖(口腔習癖)が関係していることがあります。乳幼児の時期は、開咬と同じような対応が望まれます。 なかには、装置を使うなど積極的な治療が効果をあげる場合もあります。
矯正歯科 上顎前突


予防できる歯ならびや噛み合わせもあります
(生え替わりの時期の問題)


1.乳歯の裏から歯が生えてきた
5・6歳頃、初めて乳歯が永久歯に生え替わります。それが下の前歯ですが、成長の証です。乳歯がうまく抜け落ちないで、永久歯が裏から生えてきてしますことがよくあります。乳歯がぐらぐらしていれば、もう少し様子をみましょう。そうでなければ、かかりつけの先生に相談してください。乳歯がなくなれば、永久歯は少しずついい位置に戻ってきます。
乳歯の裏から歯が生えてきた
2.生えてきた歯が曲がっているT
上の前歯が生えてくるとき、八の字に曲がっていたりすることがあります。奥歯が生えてくると自然に治ってくることが多いので、様子をみましょう。 このことを、みにくいアヒルの子が成長して美しい白鳥になることから、アグリーダッキングステージ(みにくいアヒルの子期)とも呼ばれています。 最近、この自然に治るメカニズムが働かない子供たちが増えていると言われています。しっかり噛むことが少なくなったことも理由のひとつかもしれません。
生えてきた歯が曲がっているT
3.生えてきた歯が曲がっているU
生えてきた永久歯が、こんなふうに曲がっていることもあります。 見た目だけでなく、噛み合う下の前歯の歯肉が下がっています(歯が長く見えます)。このように、歯肉や歯に噛み合わせの影響が出ているときは、治療を考えた方がいい場合もあります。よく相談してみましょう。
生えてきた歯が曲がっているU
4.下の前歯がガタガタしている
よくある心配ごとです。小さな乳歯のあとに大きな永久歯が生えてくるのですから、並ぶ場所が足りずに、ガタガタになるのです。 あごの骨が成長するにつれて、多くはきれいに並んできます。ガタガタが著しく、子の時期から対応が必要な場合や、あごが成長してもガタガタが残って、将来治療を考えなければならないこともあります。
下の前歯がガタガタしている
歯ならびや噛み合わせのなかには予防できるものも少なくありません。
こんなことには気をつけましょう!
1.う蝕にならないように気をつけましょう
う蝕で歯を失ったりすると、歯ならびにも影響します。
2.もしう蝕が出来てしまったら
お子さんの成長を考えた治療を受けることが大切です。
3.生活習慣から考えてみましょう
良く噛んで食べたり、歯みがきをしっかりしたり、お子さん自身が口の中に興味を持ったり出来るようになることが大切です。
お子さんの成長を理解してくれる「かかりつけ歯科医」を作って、
定期健診を受けましょう!
ケガやむし歯で、残念にも抜くことになってしまったらどうしていいのでしょう?
歯ならびを悪くしないように装置が必要なこともあります。
1.むし歯で奥歯を一本抜くことになってしまいました。
永久歯が生えてくるまで、その場所を確保しておく装置です。
2.ケガで前歯を2本失ってしまいました。
永久歯が生えてくるまで、その場所を確保しておく装置ですが、発音やものを噛む機能の回復にも役立ちます。お子さんも歯が出来て自信がつきます。

指しゃぶりとおしゃぶりについて

どうして指しゃぶりをするの?
おっぱいを飲んでいる乳児の指しゃぶりは、手で物を口に運び、自分で食べることへの準備です。卒乳すれば、おっぱいの代わりに口に快い感覚刺激を与え、気持ちを落ちつかせる行為となります。 3・4歳頃までには、手を使った遊びや心地よい食事といったことから満足感が得られることで、ほとんどが自然に消失します。   しかし、指しゃぶりが続くと、この行動による快い刺激が脳に伝わり、繰り返されることによって、好ましくない行動パターンとして定着することになります。
どんな影響があるの?
吸い方や頻度によっては、乳歯の歯ならびに影響が現れることもありますが、治療の対象となるケースはわずかです。 6歳以降も続くと、永久歯や時にはあごの骨の成長にも影響を及ぼすこともあります。さらには、うまく噛み切れなかったり飲み込めなかったり、また発音に影響が現れることもあります。心理的な影響も考えてあげてください。
どのような対応をすればいいの?
「4歳になったんだからやめなさい」としかったり、「出っ歯になっちゃうぞ」と脅かしたりするのは逆効果でしかないでしょう。「指しゃぶると気持ちいいよね」と共感してあげて、それから「でも、お兄さんになったら少しずつやめられないかな」などといった励ましの方が効果的です。
お母さんが指で口のまわりを愛撫してあげることで、指しゃぶり以上の心地よい体験をすることも良いことです。成長の中で自然になくなるものだという視点に立って、それを促すような対応がなによりも大切です。
おしゃぶりはどうなの?
最近、おしゃぶりを吸うお子さんをよくみかけます。一種のファッションのような感覚もあり、いくつも首からぶら下げていることもあります。「おしゃぶりが口呼吸を防止する」という考え方がその背景にあるようですが、科学的に明らかではありません。
おしゃぶりは本来、おっぱいを吸う力が弱い子どもの訓練のためにあるので、離乳後には必要のないものです。ただ、お母さんにとっては、人前で泣きやまない時などにとても助かる育児グッズですので、使い方には注意しましょう。

矯正治療 料金 金額

1.咬合誘導矯正治療(乳歯列期、混合歯列期、永久歯列完成期)
※(  )内は税込み価格
ムーシールド(Set時) 30,000
  (31,500)
ムーシールド(咬合改善時) 50,000
  (52,500)
第1期治療(拡大床装置) 350,000
  (367,500)
第2期治療(マルチブラケットシステム) 350,000
  (367,500)
2バイ4・口腔内固定装置 500,000
  (525,000)
※第1期とは乳歯が並んでいる頃から、永久歯に入れ替わっていく時期のことです。第2期は永久歯列が完成した時期からのことです。


2.永久歯列期からの矯正治療
※(  )内は税込み価格
マルチブラケットシステム 700,000
  (735,000)
審美ブラケット(目立たない矯正装置) 700,000
  (735,000)
インプラント併用 800,000
  (840,000)

※兄弟・姉妹割引あり、20%offになります。
※部分的矯正は咬合誘導矯正治療に準じます。矯正専門医にご相談ください。


3.検査料その他

矯正専門医への相談料(15分程度) 無料
矯正調整料 無料

※詳しい説明は精密検査でお願いします。
※(  )内は税込み価格
精密検査診断料 10,000
  (10,500)

※矯正専用X線写真(セファログラム)撮影料を含みます。
※矯正治療における矯正専門医による診断はその成否の80%近くを占めているといっても過言ではありません。
(通常、30,000〜50,000円程度と考えても差し支えないと思います。)
※精密検査のみ希望の患者様もお気軽にご予約ください。
その他、むし歯の予防・治療に関する初・再診料、指導料などは保険適用です。

注意事項)
※不注意による装置の破損、紛失をされた場合、
再製、修理の実費を申しつけます。
※上記料金には消費税が加算されますのでご了承下さい。